できれば駆除業者は呼びたくない…ネズミが出る原因を知っておこう

Pocket

チーズを食べるネズミ

ネズミを駆除するのは、とても至難の業であると言えます。そのため、その駆除については専門業者に作業を依頼するというケースが多いのが実情です。

しかし、専門の駆除業者は費用がかかるため、できるだけ呼びたくは無いですよね。駆除業者を呼ばない一環として、ネズミが発生しないよう、ネズミが出る原因を知っておきましょう。

ネズミがやってくるのは餌を求めているから

生ゴミなどはネズミの格好の餌

人間は生活を送る上で、物を食べます。その食生活の中では、必ずと言っていいほど生ゴミが出てきます。この生ゴミは、私たち人間にとってはそれほど魅力が無いものです。しかし、ネズミにとっては、格好の餌になります。

ネズミは私たちが生活の中で生み出す、生ゴミなどの餌となるものを狙っています。そしてその餌を求めて、人家へと侵入してくるのです。そのため、ネズミの発生理由は、その餌であることが多いです。

自分の家にネズミを発生させないためには、まず餌となるような物をできるだけネズミの目につかないようにすることが大切です。

ネズミによって好物は違う

家に出没するネズミは、イエネズミという総称で呼ばれています。そのイエネズミの内訳としては、クマネズミ、ハツカネズミ、ドブネズミという三種類が大多数を占めており、その種類によって欲する餌が違ってきます

クマネズミやハツカネズミの場合は、あまり動物性のタンパク質を好みません。ですので、植物性の食品や穀物を好んで食べる傾向にあります。ドブネズミの場合はその逆で、動物性のタンパク源を好みます。

特定のネズミからの被害がある場合、そのネズミが好物としているものが家の中に多くあるというケースがあります。それを排除することも、特定のネズミ対策に一定の効果が出ます。

快適な住処を求めてやってくる

人の家はネズミにも住みやすい

イエネズミの多くは、快適な住処を求めて人の家にやってきます。これは、イエネズミの多くが人が暮らしている環境に適していることが理由として挙げられます。

なぜ人の家がネズミにとって住みやすいのか。いくつかの理由がありますが、寒さや暑さを凌げることや、食べ物があること、ある程度の湿度や水分があることなどが挙げられます。

一般的な自然の中では、人間の家ほど完璧に揃っている場所はありません。だからこそ、ネズミは人の家に快適さを求めてやってきます。

天井裏やキッチンは要注意

家に出現するネズミが特に快適だと感じやすい場所であるのが、天井裏やキッチンなどです。天井裏は空気が比較的乾燥しており、スペースも広いため、クマネズミなどが頻繁に住み着きます。そして、運動場としても、利用されてしまいます。

また、ドブネズミのような水分を欲するタイプのネズミは、キッチンなどの水回りを好みます。そのため、ドブネズミの水飲み場として活用されてしまうのです。
このように、天井裏やキッチンなどは、家の中でも特にネズミが好む環境となっています。

ネズミが嫌いになる家にする方法

餌の無い環境を作る

ネズミの発生原因は、上記のように環境が良いという点があります。そのため、ネズミが嫌いになる家にするには、ネズミにとっての環境を悪くすることが大切です。

まず、ネズミの生命の源でもある、餌となるものが無い環境を作りましょう。生ゴミ捨て場はしっかりとネズミをガードできる環境にしておく、食べ物を長時間放置しておかないなどが具体的な対策方法として挙げられます。

餌の無い環境にしておけば、たとえネズミが侵入してきても、ネズミは生活していけません。ですので、自然と消滅するか、どこか別の場所へと去っていきます。

忌避剤などを用いる

家屋はネズミが好むような、快適な環境が多いです。そして、それらの環境をネズミが嫌がるようには完全に変えることはできません。そのような場合、忌避剤を用いてネズミが好む場所を、ネズミが嫌がるような場所へと変えましょう

忌避剤は、ネズミが嫌がる臭いを出すハーブが使われています。忌避剤を天井裏や流しの近くなどに置くことで、ネズミが住み着くのを防ぐことができます。
また、忌避剤に使われている成分は人間には無害なものばかりです。なので、そこで生活する人にとっても安心な方法です。

その他の、ネズミ駆除の感想はこちら → 私の家はクマネズミでした、しかもスーパーラット…

まとめ

ネズミの駆除業者を呼ぶとなると、お金の面や精神的な労力など多くのコストを支払わなければなりません。ですので、ネズミの発生原因を知り、自分ができる範囲でネズミが寄り着くのを避けましょう。

今回ご紹介した方法だけでも、ネズミを防ぐ効果は十分あります。せひ活用して、駆除業者を呼ばなくても良い家の環境を作ってください。

Pocket